So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

風の栞

4.gif


1.gif


5.gif


2.gif

風がやってきて栞を置いていった
いつまでもここに来た事を忘れないでくださいと
一本の草木のような栞を僕の手の平に乗せていった

またこの場所に戻ってくる事があるだろうか
そんな事を思いつつ風の後を追って旅にでてゆく

前を見て歩いてゆく事ぐらいしかできないけれど
風の置いていった栞を持ってどこか知らない町を
訪ねて見たいと思っている



nice!(0) 

線の展開

線を使った画像ですこし変化させてみました
これを元にしています
線1.gif

建物に線を乗せてみました 版画のような感じになった
かなと思います
t1.gif

f2.gif

抽象になりますね
線22.gif

これが一番気に入っているものです
NN.gif

やはりすこし具象でシンプルな感じのほうが
いいかなと思えます




nice!(16) 

谷中−2

1.gif
おせんべいやさんも元気な谷中です

2.gif

ずいぶん可愛らしく作るものですね 猫好きのハート
がっちりでしょうね
3.gif

こちらはミニュチアですマッチ箱くらいの大きさですね
4.gif

5.gif

どこの国だったかわすれましたランプの飲食店でした
7.gif

こちらは小さな砂時計専門店ですかなり珍しい
お店ですね
8.gif

次回はこの砂時計の専門店の中からスタートします



nice!(21) 

ちょっと寄り道再び

日だまりの中に
2.gif
こういう景色が結構好きですね でもなかなか巡り合わない
景色でもあるのですよ直線と影の織りなす美しさに
少しの生活感も良いとかってに言ってみたりしてます


日差しがきつい日焼けするなんとかしてくれと
と猛り立っている植物がいました
h1.gif

猫にはにらまれてしまいました、ここから先は神猫の領域で
あるから入ってはならぬなどと言われました
慌ててるんで猫ピンはずれました
4.gif

おばちゃんには笑われました、こんなおばさん撮ってまあ
なにが面白いのかと目が合ってね照れ笑いしかでませんでしたね
h2.jpg

Z1.gif

ラストで〆てみましたちょっときりきりとした雰囲気です
普通の風景をこれでなくちゃという感じにしました




nice!(18) 

ちょっと寄り道

ソールライターを探しに
s1.gif

このソールライターを知ったのは先日行ったフォトカノンに
置いてあったフリーペーパーからでした
詳しいことは省きますが僕の感想をかいてみます

こちらは彼のアトリエです 素敵ですねでも
片付けるのは苦手だったとあります
0.gif

元はファッションカメラマンで、ある時突然仕事をやめ
自分の好きな写真だけ撮るようになったのです

亡くなってから後、遺品整理をしたときに未現像のフィルム
500本、デジタルカメラ26台その他フィルムカメラ
あったそうです

未現像のコダクロームはもはや現像ができないそうです
それにしても500本近いフィルムが未現像というのが
気になりますね 彼の映画も作られているそうです

まあデジタルカメラを手にしてからそちらの方が
面倒くさくなくて良いとか思ったのかもしれませんね
26台は過渡期にあったデジタルカメラで新製品が
出るたびに買っていたのかもしれません

22.gif

3.gif

11.gif

ラストの3枚は僕が撮ったソールライター風の写真です
まあ似てませんけどもそう思うとそれで結構楽しめます(笑)

以前ヴィヴィアンマイヤーの事を載せたことを思い出しましたが
二人ともアマチュアとして生涯を終えているのは似てますね
まあ好きな写真を好きなだけ撮るアマチュアの特権ですね

今度渋谷文化村ミュージアムで4月末から彼の展覧会を
やるそうです






nice!(21) 

桜終焉

6.jpg

3.gif

1.gif

s2.gif

s1.gif

7.gif

今年の桜も終わりましたね

桜の木の下では読書をしながら休む人や水辺で落ちている
花びらと戯れる子供など様々な所で桜の花との美しい思い出
作られた事と思います

これほど待ち望まれて咲く花もありません
そして散るために生まれて来たような花吹雪をみると
また来年も花を咲かせてと願ってしまいます

いつだったか見事に花を咲かせていた一本の桜の木が
ばっさりと切られてゆくのをみました 
それは寿命が来たから新しい桜の木と入れ替えるからだと
聞きました 

僕は木の専門家ではないのでなぜ?としか言い様が
なかったのですが幹が半分くらい空洞だったそうで
いつ倒れる分からないので切るという説明でしたね

桜の咲いている時の遠い空をみると
切られて行った桜の木の事をいつも思い出します



nice!(19) 

池上線−2

ここは旗の台です
1.gif

7.gif

池上線は下町の風情が残っていて小さな商店ががんばって
いますね
2.gif

ちょっと感じの良いデザインのBARみたいです
4.gif

こちらの裏日々という店名が気になりますね裏窓というのは
よくありますけどもね
3.gif

白と黒のツーショットのカバーに写欲が(笑)
5.gif

おばさん携帯みていて固まっていました、しばらくこのままで
でしたのでちょっと失礼をさせてもらいました
はげはげのベンチもいい味を出してますね
9.gif

反対車線に新しい電車がやってきました
6.gif
また続きます



nice!(14) 

ちょっと寄り道

時の流れの中で
0.gif
この四枚の中で美しく無い物は?と思って
見ましたがそれほど違いはないような気がしました
こういう物の見方をすると芸術を否定する?みたいになってきます

時間を刻んでいるものは何かを表現しているそんな気がしますが
これは僕の部屋の時計


6.gif
きちんと整理された掃除道具、使い込まれています
道具がその役割をきちんと守っている時それは
輝いているとそう思うのですが


2.gif
鶴首の花器に花が生けられています
山吹だったと思いますが清楚な感じがします
よく見えませんが花器に描かれていた藍の草花が秀逸でした


5.gif

ラストのこれは聖母の模写だという話でした
鉛筆画でしたがその瞳に透明感があってすばらしい技術でした
将来AIが到達するであろう領域そんな気がしました

偏見に満ちた僕の見方でしたが四枚を並べてみると
本当に美しいものはなにか?という答えがどこかに
あるような気がします



nice!(16) 

青山−4

0.gif

今回これを見に行きましたスパイラルホールでやっていた
テキスタイルの展示です
3.gif

6.gif

2.gif

これなんか着ていて温かそうですがね羊と間違われそう(笑)
5.gif

4.gif

00.gif

これは織り機とコンピュータをつないで織っていった
作品だそうです微妙な色の変化を見る事ができますね
7.gif

テキスタイルと言っても布のデザインという世界から
人を包む洋服、さらに立体的なアートになって行くような
多彩な変化を見る事ができました

色だけでは無く手触りや肌触りなど人間の触覚にも深く
関わっている物ですので今後の発展に期待がかかりますね
これで青山を終わります








nice!(16) 

池上線−1

池上線といっても知らない人も居るかもしれませんので
路線図を載せてみました そしてワンディパス660円が
あるのでお得です
山手線の五反田が始点です すこし小雨がぱらつく日なのでした

1.gif

この23駅の中で僕が降りなかったのは4つほどです
後は降りてみたという訳です

戸越銀座の駅です木をふんだんに使った
感じの良い駅でしたね
00.gif

まずは戸越銀座です長い商店街があるのでよくテレビにも
登場します 庶民的なお惣菜のお店とかもあります 人形は
お魚屋さんのマスコットですね
a4.gif

今回ここに行ってみたくて戸越銀座で降りてみました
おしゃれな一見カフェ?みたいな外観ですが写真屋さんの
フォトカノンです
a3.gif

t4.gif

中も一般的な写真屋さんのようではなくて見ているとたのしくなります
t7.gif


t5.gif
ミニ写真展もやっています すこし変わった色調です

このフィルムを使って撮影されたようでこんなフィルムがあった
のは知りませんでしたね
t6.gif

フィルムカメラで撮るという事から遠ざかって久しいですからね
ここはフィルムカメラを中心にしたお店ですね

池上線は僕がしばらく暮らした事のある路線ですので
後で出てきますが本門寺という日蓮宗の大きなお寺の側でした
そんな訳でちょっと懐かしくもあって訪ねてみました
また続きます



nice!(20) 
前の10件 | -